ときのや薬局 お客様の喜びの声

お客様の声

コウノトリさんがやってきました。Dさんの場合 【体外受精で、胚移殖後に漢方薬服用でそのまま妊娠】

Dさんは30歳 結婚4年目でした。

基礎体温は2相性。ヒューナーテストも卵管造影も異常なしでした。

AIH(人口受精)を6回 体外受精を2回試みていましたが、妊娠には 至りませんでした。

 

冷え症で疲れやすく胃腸が弱く、血液の循環も良くありませんでした。

 

3回目の体外受精で受精卵を戻したその日に始めてお目にかかりました。

今回はなんとしても妊娠したいという思いで、御来店くださいました。

着床を手助けし、子宮環境を良くし、血液の質を良くしてこのまま妊娠に至れるようなお手伝いの漢方を飲んでいただきました。

胃腸を丈夫にして、お食事から栄養をぐいぐい吸収できる底力をつける漢方も足しました。

ストレスから「気」のめぐりも停滞しやすいのでストレス解消の漢方も飲んでいただきました。

 

2週間後に妊娠判定がプラスとなり、今度は流産防止の漢方に切り替え無事に御出産なさいました。

 

不妊治療で心身ともに疲労困憊し小柄なお身体で良くストレスに負けずに頑張られたと感心しております。

やはり優しいご主人との二人三脚で、いたわり合い励ましあいながら頑張ったのだと思います。

只今は二人目を検討中とか。

コウノトリさんがやってきました。Cさんの場合 【無排卵・多嚢胞性卵巣の第二子不妊の方、ホルモン療法と漢方で妊娠・出産】

Cさんは31歳 結婚5年でお子様は一人3歳のお嬢さんがいらっしゃいます。

お一人目は少しの期間漢方薬を飲んだら、すんなりと自然妊娠で出産なさいました。

そろそろ二人目が欲しいなと基礎体温をつけ始めたところ、なんと低温・高温の区別がなく体温表は一相でした。

生理らしい出血は不定期ですがありましたが、これは無排卵の生理でした。

病院で検査を受けたところ、多嚢胞性卵巣といわれました。

多嚢胞性卵巣(PCO)は卵巣の中で排卵されない卵胞が溜まっていて、エコーで見ると 丁度真珠のネックレスのように数珠繋ぎの卵胞が並んでいます。

これでは排卵はできないとお医者様に言われ注射で排卵を起こす治療を始めました。 1年間ホルモン療法を試しましたがうまくいかず、又漢方薬で授かろうと思いご来店されました。

多嚢胞性卵巣は中医学的には「血液循環の悪さ」と「痰濁」のたまりが原因ですので それらをデトックスすることから漢方薬の治療を始めました。

半年間の服用で西洋医学との合同で妊娠することができました。 妊娠中出血がありましたが、流産予防の漢方に切り替え、無事ご出産されました。

最近多嚢胞性卵巣の方をたくさん見かけます。 生理が始まったときから、(初潮の時の意味で)血液循環を良くし、痰濁を溜めない食生活をしましょうとアドバイスしております。

7 / 7« 先頭...34567