ときのや薬局 お客様の喜びの声

お客様の声

コウノトリさんがやってきました Lさんの場合 ホルモン療法と漢方併用で妊娠

Lさんは32歳。第一子は病院のホルモン療法ですんなり結婚半年で授かりました。

2歳になったところで、そろそろ二人目をと思い再度ホルモン療法を試みましたが、
今度はなかなか授かりませんでした。

ドクターに治療を少し休みましょうと言われ、当店に市外からお越しくださいました。

非常に冷えが強く、頻尿でした。

PMSが強く生理前は胸が張ったり、イライラが強くなったりします。

まず暖かい子宮作りから始めることにしました。

血液の流れを良くする漢方。 気の停滞を治療する漢方。 ホルモンバランスを改善する漢方を服用し、
全身症状が改善され暖まってきました。頻尿も良くなりました。

再び病院で排卵誘発のホルモン剤を使う事になり、その周期にあわせて子宝の周期療法の漢方薬に
切り替えました。

低温期に5種類 高温期に3種類の漢方薬を服用していただきました。

その周期でめでたく妊娠ことができました。

やはり周期療法以前の身体づくりの期間をもてたのが良かったのだと思います。

 

コウノトリさんがやってきました Kさんの場合 婦人病のオンパレード体外で妊娠、出産

Kさんは当時32歳。不妊外来での不妊治療歴は3年。

体外受精3回で授からずにホームページで当店を知り、遠く市外からいらっしゃいました。

高プロラクチン血症、子宮筋腫、子宮内膜症、と婦人病のオンパレードでした。

体温表も低温期のギザギザ、排卵の立ち上がりに3日以上かかり、高温期は陥没が
あるといった状態でした。

几帳面で優等生タイプ。次から次から心配の種が生じ、かなりの勉強家で知識は豊富。

一緒に心配の種を納得して消していくことが精神の安定に繋がるので
私もよ~く勉強させていただきました。

この患者さんとのお付き合いで、かなり体外受精に精通させていただき、基礎を作ってくださったと
感謝しています。

子宝の周期療法にプロラクチン値を下げるための炒麦芽を加え、胃腸症状もあるので
リキ錠で胃腸を強くし、食べ過ぎたときは晶三仙のお茶を飲んで
不安や心配で眠れないときはシベリア人参茶でリラックスしていただきました。

8か月後の体外受精で妊娠し、初期に切迫気味で入院なさいましたが、無事に
出産なさったとお手紙をいただきました。

気が付けば、入院までの8ヶ月間のメールでのやり取り、入院中はご主人からのメールでの
やり取りはあわせて43往復になっていました。

ご本人とご主人と私とがチームメートのようにお互いに疑問をぶつけ合い
激励しあいながら濃密な一年を過ごしました。

よ~くついてきてくださったと感心・感謝しています。

コウノトリさんがやってきました Jさんの場合 アトピー治療と平行して妊娠

Jさんは28歳。スラッとしたモデルさんのような体型です。

夜勤のあるお仕事で緊張を強いられることからか、PMSがあり、ストレスの多い生活です。

まだ結婚して2年目。ご主人は単身赴任中のためタイミングをとるのも難しく、
数少ないチャンスを最大限生かすために、授かりやすい身体つくりをしたいとご来店くださいました。

もともとアトピー性皮膚炎があり高温期になると痒みが酷くなります。

子宝の周期療法に加えアトピー治療の漢方薬を足しながら8ヶ月服用していただきました。

周期療法の高温期には通常、身体を温める漢方薬を多く使うのですが、温めるとアトピーの痒みが増すので皮膚の熱を冷ましながら周期療法の漢方薬を服用していただきました。

ご主人の検査結果では自然妊娠は少し難しいかも知れませんと言われていましたが、めでたく自然妊娠できました。

妊娠してからは少しお仕事を離れてゆったりと過ごされご出産なさいました。

女性がバリバリと仕事をしながら、婚活・妊活・産活・子育てをするということは「気・血・腎精」がいかに余裕を持って蓄えられているかが問われるのだと思いました。

若い女性に気・血・腎精の貯金をしておきましょうと唱えている毎日です。

 

コウノトリさんがやってきました Iさんの場合 チョコレート嚢腫を乗り越えて

Iさんは32歳。3年前に6週で流産なさいました。

そのときチョコレート嚢腫が見つかり後日
腹腔鏡下で手術なさいました。

術前まで苦しんでいた排卵痛や生理痛が無くなったことは喜んでいました。

その後、病院ではクロミッドを服用しHCG-HMGの注射をして
まもなく妊娠しましたが、またも初期に流産してしまいました。

いつも明るく前向きでお仕事も気を使うお仕事でしたが、
大好きな仕事でストレスも感じないとおっしゃっていましたが、
気を消耗しているとお見受けしました。

ホルモン療法を少し休んで卵巣の負担を軽くしましょうということで
病院治療を休んでいる間に、流産しにくい体質作りと妊娠しやすい
身体つくりのために漢方の周期療法を始めることに
しました。

3ヶ月漢方薬を服用したところでめでたく自然妊娠しました。

高温期の陥没がなだらかになった頃にその周期で
妊娠しました。

ホルモン剤無しでも自然妊娠できたことにご夫婦で喜び、
私たちも身体が整うとコウノトリさんが来ますよ~と
喜びを分かち合いました。

今度は流産防止の漢方に切り替えて無事出産まで
お元気に過ごされました。

妊娠中も疲れたら麦味参顆粒を飲んで「気」を補っていただきました。

流産や手術などに対してI さんからは、一言も弱音やグチを聞いたことが
ありません。

困難を乗り越えたご夫婦の愛の力という気が致します。

優しくて本当の意味で心が強い、女性があこがれる女性です。

心が穏やかですと体温表にも現われるのですね。

本当におめでとうございます。

 

 

コウノトリさんがやってきました Hさんの場合 卵巣膿腫を乗り越えて

32歳のHさんは8年間の不妊です。

2度の流産を経験されAIH(人工授精)も2回トライされています。

体温表を持って市外からお越しくださいました。

体温表はギザギザが激しく、排卵期の体温上昇が3日以上かかり

高温期が短く途中で陥没も見られました。

子宝の周期療法を始めてから「いい卵胞が育ってきましたね」と

クリニックの先生に言われ希望を持ってきました。

卵巣膿腫があることがわかり手術をなさいました。

卵巣膿腫は中医学的には「血流の悪さ」+「水分代謝の悪さ」

の結果ですので、そのための漢方を増やしました。

手術後3か月でめでたく自然妊娠なさいました。

AIHでないと無理かと思っていただけに自然妊娠できたことは

大きな自信になったとおっしゃいました。

当時の体温表のコピーを見てみますとまるで巻紙のように厚くなっています。

体温表がだんだんに整ってきてもうすぐかなぁ~と思う頃に自然妊娠

なさいました。体温表は正直ですね。私たちは体温表からたくさんの

情報をいただきます。

基礎体温をつけるだけでも大変なのに長期にわたり周期にあわせて漢方薬をのんでくださった努力にも頭が下がります。

 

 

【コウノトリさんがやってきました】Fさんの場合

【コウノトリさんがやってきました】Fさんの場合

30歳 赤ちゃんがほしいなぁと思って1年半

まだまだあせりは無く「妊娠できればラッキー」くらいに思っていました。

 

生理周期は安定していましたが、月経前症候群が強く生理前になると

イライラするのが自分でもわかります。

生理痛も酷く冷え症がありました。

手足やお腹は冷えるのですが、足の裏は火照って、お布団から出して

しまうほどでした。

 

あまりお金はかけたくないということで、周期療法をエコセットにしました。

 

漢方薬をあまりたくさん飲まない代わりに、夜は11時には寝ることと、

お食事を完全和食にしていただくことを守ってもらいました。

 

養血・活血の漢方薬と低温期の補腎薬と高温期の補腎薬の3種類を周期に分けて服用していただき2周期目で妊娠しました。

 

お若かったのと不妊のお悩み期間が短かったのも早く妊娠できた原因と思います。

 

 

コウノトリさんがやってきました 【周期44日黄体期に途中陥没の体温表】Gさんの場合

33歳で2年半の不妊です。

寒がりで生理周期は44日と遅れ気味でした。

生理痛も酷く体温表では高温期の途中でガクッと下がる日があります。

月経血に塊が混じり、8日間くらいダラダラと出血が続きます。

 

血の流れを良くする漢方薬を最大限入れて「補気」薬も多めに使い周期療法の漢方薬を1年間続けました。

 

顔色が良くなり、体温表もいい感じになってきた頃に妊娠しました。

が初期に流産してしまいました。

 

その後2回生理が来るのを待って、すぐに妊娠し、今度は流産防止の漢方に

切り替えて無事出産までお元気に過ごされました。

 

妊娠するより前に体調が良くなるのを感じそれを励みに諦めずに続けてくださいました。

血の流れ・水の流れは本当に大切なことだと勉強させていただいた症例です。

身体に溜まった余分なものをデトックスする漢方と、弱さを補う漢方の絶妙な

バランスをとることが重要です。

コウノトリさんがやってきました。Eさんの場合 【5年間授からず。卵管が片側つまり気味】

32歳 5年間不妊でした。

 

不妊症のかたの多くは冷え症を伴うことが多いのですが、 この方は、ほてりがあり熱がこもった感じとおっしゃいます。 基礎体温は低温期も高温期もともに高めです。 低温期にはギザギザは激しく、ストレスから熱がこもっているのが 解ります。

 

卵管造影の検査では片側がつまり気味と言われています。 一般的な周期療法では身体を温める漢方薬を高温期に使いますが、 この方の場合は低温期も高温期も身体を潤し、熱やほてりをさます漢方薬を中心に服用していただきました。

 

お仕事柄ストレスも多く、疲労倦怠感も強かったので、疲れにくい 身体作りのための漢方もあわせて服用していただきました。

 

9ヶ月の漢方薬服用で妊娠しましたが、残念なことに初期に流産してしまいました。

 

その2ヵ月後に再び妊娠し、流産予防の漢方に切り替え無事に出産までお元気に過ごされました。

 

不妊期間が長く治療の効果がなかなか現われないと、精神的に疲れてしまい、眠れなくなったり、月経前症候群が強く出てイライラしたりしますが、そんな時は心をリラックスさせて安眠をもたらす漢方薬の手助けを借りて気持ちを軽くしていただきます。

 

ご主人の支えや優しさも大きな力になったと思います。 本当に良く頑張りました。おめでとうございます。

コウノトリさんがやってきました。Dさんの場合 【体外受精で、胚移殖後に漢方薬服用でそのまま妊娠】

Dさんは30歳 結婚4年目でした。

基礎体温は2相性。ヒューナーテストも卵管造影も異常なしでした。

AIH(人口受精)を6回 体外受精を2回試みていましたが、妊娠には 至りませんでした。

 

冷え症で疲れやすく胃腸が弱く、血液の循環も良くありませんでした。

 

3回目の体外受精で受精卵を戻したその日に始めてお目にかかりました。

今回はなんとしても妊娠したいという思いで、御来店くださいました。

着床を手助けし、子宮環境を良くし、血液の質を良くしてこのまま妊娠に至れるようなお手伝いの漢方を飲んでいただきました。

胃腸を丈夫にして、お食事から栄養をぐいぐい吸収できる底力をつける漢方も足しました。

ストレスから「気」のめぐりも停滞しやすいのでストレス解消の漢方も飲んでいただきました。

 

2週間後に妊娠判定がプラスとなり、今度は流産防止の漢方に切り替え無事に御出産なさいました。

 

不妊治療で心身ともに疲労困憊し小柄なお身体で良くストレスに負けずに頑張られたと感心しております。

やはり優しいご主人との二人三脚で、いたわり合い励ましあいながら頑張ったのだと思います。

只今は二人目を検討中とか。

コウノトリさんがやってきました。Cさんの場合 【無排卵・多嚢胞性卵巣の第二子不妊の方、ホルモン療法と漢方で妊娠・出産】

Cさんは31歳 結婚5年でお子様は一人3歳のお嬢さんがいらっしゃいます。

お一人目は少しの期間漢方薬を飲んだら、すんなりと自然妊娠で出産なさいました。

そろそろ二人目が欲しいなと基礎体温をつけ始めたところ、なんと低温・高温の区別がなく体温表は一相でした。

生理らしい出血は不定期ですがありましたが、これは無排卵の生理でした。

病院で検査を受けたところ、多嚢胞性卵巣といわれました。

多嚢胞性卵巣(PCO)は卵巣の中で排卵されない卵胞が溜まっていて、エコーで見ると 丁度真珠のネックレスのように数珠繋ぎの卵胞が並んでいます。

これでは排卵はできないとお医者様に言われ注射で排卵を起こす治療を始めました。 1年間ホルモン療法を試しましたがうまくいかず、又漢方薬で授かろうと思いご来店されました。

多嚢胞性卵巣は中医学的には「血液循環の悪さ」と「痰濁」のたまりが原因ですので それらをデトックスすることから漢方薬の治療を始めました。

半年間の服用で西洋医学との合同で妊娠することができました。 妊娠中出血がありましたが、流産予防の漢方に切り替え、無事ご出産されました。

最近多嚢胞性卵巣の方をたくさん見かけます。 生理が始まったときから、(初潮の時の意味で)血液循環を良くし、痰濁を溜めない食生活をしましょうとアドバイスしております。

7 / 7« 先頭...34567