ときのや薬局

  • 六日町駅角店(本店) 〒949-6626 新潟県南魚沼市六日町87-19 TEL 025-772-2467
  • 六日町イオン店 〒949-6600 新潟県南魚沼市余川3100 TEL 025-773-2867

健康コラム

妊活のための中医学“妊娠力を高める体つくり”

現代では35歳以上の高齢出産が当たり前のものになっています。 30代になると妊娠力は徐々に低下していきますが、妊娠しやすいはずの20代でも不規則な生活や疲労、ストレスなどによってホルモンのバランスが乱れ、排卵しにくくなる …

「便秘」は体質別・年齢別の対策でスッキリ快便体質に!                  

中医学には「欲得長生、腸中常清」という言葉があります。 「長生きしたかったら腸の中をいつもきれいにしていましょう」という意味です。 健康な排便は「1日1~2便」。 毎日出ない、硬くて出にくい、コロコロ便、スムーズに排便で …

春の憂鬱・イライラにはわけがある

雪国の長い冬が終わり、春が近づき温かくなってくると、ワクワクし新しいことでも始めてみようかなと思う方が多くなりますね。 でも一方で残念なことに春になると憂鬱・気分がのらない・周りのテンションについていけない・不眠やイライ …

花粉症の予防は今から 漢方で「衛気を強化」

春一番が吹くころから「花粉症」の症状でつらい思いをする方が増えてきます。 今年の杉花粉の量は多いそうです。 でも症状のつらさは花粉の量だけで決まるわけではありません。 昔から春に杉林の中で遊んでいても、杉鉄砲で遊んでも花 …

「脳梗塞」を予防する漢方ケア

「脳梗塞」は脳の血管が詰まり、血流が止まって酸素や栄養が送られなくなることで、その部位の細胞が壊死してしまう病気です。 動脈硬化によって脳の血管が狭くなりそこに血栓ができて塞がれてしまうケースと、不整脈によって心臓にでき …

身体の老廃物のお掃除「デトックス」

年末年始を楽しく過ごした胃腸さん。 お疲れモードになっていませんか? 中医学漢方では病気の成り立ちをこんな風に考えています。 食べたり、飲んだりしたものは胃腸に入り栄養分として吸収され、体のあちこちに届けられます。 一方 …

 中医学的「温活」あなたの冷えはどのタイプ

女性の8割が冷えを感じていると言われています。 冷え性のサインは「身体に」「美容に」「胃腸に」出てきます。 冷えが原因とは気づかずにこんな症状でお悩みの方も。 だるい、つらい・生理痛・足が冷たくて眠れない・気分が落ち込む …

生理痛はないのが当たりまえ

若い女性に「生理痛はないのが健康なんです」とお話しすると「エ~?!ウソ!本当ですか?だってみんな生理痛有るし」と言われてしまいます。 確かに多数決でいったら生理痛ありが普通と思ってしまいますね。 テレビや雑誌でも生理痛に …

 クコの実の入った漢方薬は別名「飲む目の薬」

話題の「ゴジベリー」は「クコの実」の事です。 杏仁豆腐の上にちょこんと乗っている赤い実です。 漢方の材料ですがそのまま食べてもおいしいです。 私たち薬膳の会のメンバーはクコの実をお酢に浸して「クコ酢」としてお料理に使いま …

疲労回復には「補う」方法と「取り除く」方法を

夏の疲れが出るころではありませんか? 皆さんは「疲れた~」という時どうなさいますか? 栄養ドリンクや滋養強壮剤を飲む、栄養のあるもので精をつける、眠って体を休める、どの方法も「足りないものを補う」ことで元気になろうとする …

過去の一覧へ

ときのやライブラリー 今月の一冊

「内臓脂肪は命の危険信号」

 

      東京女子医科大学教授

 戸塚ロイヤルクリニック所長

           栗原 毅 著

「血液サラサラ」という言葉の産みの親のお医者様です。

メタボリックシンドロームの全てがこの本でわかります。

内臓脂肪・皮下脂肪・中性脂肪・糖尿病・脂肪肝・ガン・認知症との関係まで目からウロコの本です。

太るメカニズムと内臓脂肪の燃やし方

あなたに合った方法がきっと見つかります。

日本人よ危機感を持ちましょう。

あなたの身体はあなたの食べた物で出来ています。

MC―FAN画像で血流を調べる第一人者です。

 

過去の一覧へ