ときのや薬局

  • 六日町駅角店(本店) 〒949-6626 新潟県南魚沼市六日町87-19 TEL 025-772-2467

健康コラム

冬に足腰が痛み出す・・・理由と対策

雪堀りで足腰が痛い・昔の怪我や古傷が痛い・冷えると膝が痛い・年のせいで腰痛が悪化する等、冬は痛みに悩まされる方が多くなります。 椎間板ヘルニアやすべり症や狭窄症などの骨の病気が無いかを病院で確認しましょう。 器質的な病気 …

季節とともに生きていく「季節と陰陽の関係」

なぜ昔の人は暦や季節にこだわったのでしょう。 昔は季節の変化に対応できないと病気になってしまったからです。 過酷な自然環境でも元気に生きていくために、季節と身体と心と生活習慣・食事を大切に考えてきました。それは生き残るた …

「生理痛は無いのが当たり前」

健康な女性には生理痛は有りません。 生理痛は「気・血・水」の流れがどこかで滞っているというお知らせです。 せっかくのお知らせを無駄にせず、生活習慣や体質を見直して生理痛のない身体を作りましょう。 「生理に苦痛があると百病 …

爪で健康チェック ピンクの爪は健康の証

爪のおしゃれが進化して、ネイルアートなど芸術作品として楽しむ人も増えています。 爪は「健康状態を映し出す鏡」とも言われ、体内の状態が反映される場所でもあります。 中医学では舌診とともに爪の状態をみることも身体の状態の情報 …

「夜間頻尿」の原因を突きとめるためにこんなことを質問します

「夜間頻尿」で眠りが妨げられて寝た気がしないという方が見受けられます。 一般的に正常な排尿回数は1日5~7回。 就寝中の排尿回数が1回以上の場合を「夜間頻尿」と言います。 80歳以上ではほぼ100%で夜間頻尿が起こってい …

アトピーは美肌再生までをゴールにして

猛暑を乗り越えたアトピーの皆様、涼しくなると少しずつお肌が安定してくることでしょう。 真っ赤で、熱を持って、ジュクジュクして痒いという状態は「血熱・熱毒・湿熱」と中医学では判断します。 夏にアトピーが悪化するのは紫外線・ …

「立秋」からの身体の整え方「暑邪」「燥邪」対策

立秋(8/7)を過ぎたとはいえまだまだ猛暑が続いています。 立秋から本格的な秋に向かうまでのこの時期は季節の変化に順応していくだけでも体力を消耗します。 前回は「湿邪」の対策でした。 今回は「暑さ」「秋の乾燥」の対策です …

「湿邪」対策で夏を快適に

中医学漢方では外界や環境の影響を過酷に受けることも病気の一因と考えます(外因)。 外因は「風・暑・湿・燥・寒・熱」の6つ。 外因のそれぞれに、季節と負担の大きい臓器の関連がわかっています。 今回のテーマは「湿邪」。 身体 …

健康と美しさは毛細血管がカギ~~ゴースト血管にならないために~~

健康寿命を延ばすためには「血管を綺麗に丈夫に、血液の流れをサラサラに」と言われます。 血管のトラブルと聞くとすぐに思い浮かぶのは太い血管が詰まることや破れることかもしれません。 動脈や静脈など主要な血管はもちろんですが、 …

夏を楽しく乗り切る「補気補陰」の対策

本格的な猛暑の到来です。 夏が苦手で嫌いですという方、今年の夏は漢方と食養生で乗り切ってみませんか? 気温が上がると身体は熱を身体の外に逃がそうと血管を広げて、皮膚の表面から放熱しようとします。 そして汗をかいて気化熱を …

過去の一覧へ

ときのやライブラリー 今月の一冊

「内臓脂肪は命の危険信号」

 

      東京女子医科大学教授

 戸塚ロイヤルクリニック所長

           栗原 毅 著

「血液サラサラ」という言葉の産みの親のお医者様です。

メタボリックシンドロームの全てがこの本でわかります。

内臓脂肪・皮下脂肪・中性脂肪・糖尿病・脂肪肝・ガン・認知症との関係まで目からウロコの本です。

太るメカニズムと内臓脂肪の燃やし方

あなたに合った方法がきっと見つかります。

日本人よ危機感を持ちましょう。

あなたの身体はあなたの食べた物で出来ています。

MC―FAN画像で血流を調べる第一人者です。

 

過去の一覧へ